• map
  • tel
  • line
  • map
  • tel
  • line
  • map
  • tel
  • line

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰やお尻、足がしびれることがある
  • しばらく歩くと痛みが酷くなってくる
  • 前屈みの姿勢で歩くのが楽である
  • 腰を反らすと痛みが強くなる
  • 腰が痛くて眠れない

脊柱管狭窄症の原因とは?|松江市 みどり整骨院

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道が狭くなってしまう病気です。背ボネの中にある脊髄という、神経の通り道のことを脊柱管といい、その脊柱管が狭くなってしまう事で、さまざまな神経症状を引き起こすようになります。脊柱管が狭くなってしまう要因には、次のようなことが考えられます。

①椎間板の膨隆→神経への圧迫

②黄色じん帯という背骨をつなぐじん帯が、分厚くなり広がってくる→神経への圧迫

③骨が変形し出っ張ってくる(骨棘の形成)→神経への圧迫

④背骨がずれる(腰の骨のすべり)→神経への圧迫

⑤背骨の側湾→神経への圧迫

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多い病気ですが、先天的に脊柱管が狭い軟骨無形成症の場合、若くして脊柱管狭窄症を発症することもあります。脊柱管の特徴として、身体を曲げると脊柱管が広がり、身体を反ると脊柱管が狭くなるといった特徴を持っています。

脊柱管狭窄症の症状とは?|松江市 みどり整骨院

腰部脊柱管狭窄症の主な症状としては、「間欠性はこう」「腰痛」「足の痛み、しびれ」などがあります。

「間欠性はこう」とは、歩いたり、立っていたりする状態を長く続けていると、徐々に足の痛みやしびれなどの症状が生じ、座って休むことで症状に改善が見られるものです。

腰部脊柱管狭窄症由来の、間欠性はこうでは、腰を曲げた状態で休むことで、症状に改善が見られます。

当院の脊柱管狭窄症治療方法|松江市 みどり整骨院

腰部脊柱管狭窄症の患者さんの症状の緩和に向けて、みどり整骨院で出来ることは、「姿勢の改善」この一言につきます。

①椎間板の膨隆のため神経圧迫
②黄色じん帯が分厚くなることによる神経圧迫
③骨の変形により骨棘となり出っ張ってくるもののために神経圧迫

腰部脊柱管狭窄症の原因でも述べました、①〜③のような、腰の骨や椎間板に構造上の問題が生じた場合、みどり整骨院では、異常な構造自体を治すことは出来ません。

しかし、腰部脊柱管狭窄症の患者さんの身体を診ますと、総じて、腰の骨の4番目、5番目付近の可動性の悪さ、臀部の硬さ、また骨盤自体の可動性の悪さが特に際立っています。本来、腰の良い状態とは、腰の骨はそれ自体に弾力と可動性があり、骨盤は開いたり閉じたりの、可動性の良好な状態です。それが、痛みが出にくい、快適に過ごすことの出来る良い状態と言えます。

痛みやしびれの出ている腰、臀部、足の筋肉をゆるめ、弾力のある状態に調整していくことはもちろんですが、骨盤に可動性をつけて内側へ閉めていくことで、おヘソの下にある、丹田という箇所に力がつき、姿勢の改善が起こり始め、身体の腰部は、負担なく効率的に動くことが出来るようになります。

みどり整骨院での、腰部脊柱管狭窄症の治療は、弾力のある腰の筋肉、骨盤が閉まった状態を作り、維持し、腰部が安定するように姿勢を改善していくことが中心となります。

腰部脊柱管狭窄症における神経の圧迫症状の根本改善に必要なものは、決して注射や痛み止めの薬ではなく、姿勢の改善が絶対的に必要となるのです。

レントゲンやMRIで診ても、腰の骨に構造上の異常所見は認められても、痛みやしびれはない、改善したという方が、みどり整骨院にはメンテナンスで沢山通っておられます。「姿勢の改善」これはあなたの人生に確実に良い変化を起こすことを確信しています。

みどり整骨院へのアクセス

0852290288
みどり整骨院の外観
院名 みどり整骨院
院長 作野 卓史
住所 〒690-0058
島根県松江市 田和山町32-2
アクセス JR山陰本線「乃木駅」から徒歩11分
駐車場 駐車場11台完備
定休日 日曜日・祝日
受付時間
9:00~11:40 × ×
14:00~18:40 × × ×

みどり整体へのアクセス

070-2360-9900
みどり整体の外観
院名 みどり整体
院長 桑谷 郷平
住所 〒690-0877
島根県松江市春日町642-3
アクセス 春日町みしまやさんより徒歩3分
駐車場 店舗の前に駐車スペースあり
定休日 水曜日
受付時間
9:00~20:00 ×